やっぱりHDDひっこ抜き
 
 
Librettoのときもそうだったけど、やっぱり買ったら中身を確認しておきたいもの。中身がすり替えられていないとも限りません。とりあえず、今回はHDDのパーテーション切りとWin98の再インストールが目的です。

というのも、このパソコンに付いてきたリカバリーCDが、出荷時の状態に戻してしまうというもので、入れたいOSやアプリだけ再インストールというわけにいかないからです。しかも、指定されたPCカードのCD-ROMドライブがないとダメらしい。
 
 

おなか

バラすときの基本として、まず、電源を切ります。ACアダプターをはずし、バッテリーもはずしましょう。じゃないと、なんかあったときに取り返しのつかないことになります。
今回はHDDの摘出だけなので、アームレストの部分だけはずせば事足ります。したがって、裏の前側6本のネジだけはずしましょう。ちなみに、ケースを開けるとメーカー保証が切れるので、あらかじめ、各機能の動作確認をして初期不良がないことを確認しておくことをお勧めします。なお、わたくしは、この時点でまだUSBと赤外線の動作確認をしていませんでした。
 
 

ふたをあける

裏のネジをはずすとアームレスト部分がはずれます。でも、ここで勢い勇んで「えいやっ!」と開けると、後で泣く事になります。この部分は、見ればわかる通りアキュポイントのクリックボタンがあります。こいつが、本体側とフレキシブルケーブルで繋がっているので、くれぐれも慎重に。かなり切れやすい見たいです。うまくはずしましょう。

それにしても、このフィルム状のケーブルがなんでフレキシブルケーブルなんだろ?全然フレキシブルじゃないぞ!しかも、切れたときに自分で修復できないので、切るとけっこう大変。ちなみにLibrettoのキーボードのフレキは4000円だそうです。チチブ電機で買いましょう。
 

じゃま

ここで難関が。これから摘出するHDDの上に、例のフレキが超強力なテープで貼り付けられているんです。このフレキは、全LEDインジケータと、内蔵スピーカ、赤外線、USB、サウンド入出力に繋がっています。赤外線はともかく、USBやサウンドが死んだら致命的です。気をつけてテープを剥がしましょう。今回最も神経を使うところですな。
 

LEDフレキ

うまくテープを剥がすとこのようにじゃまな基板とフレキをはずすことができます。ここまできたら、後は普通にHDDを引っこ抜きます。
 

ばらし

このHDDはなぜか写真のような金属製のスリーブの中に入っています。電磁波防止か絶縁か蓄熱か目的は分かりませんが、一応元通りに戻しておきましょう。なお、IBMのHDDに換装するときは厚さの関係で、はずしたらちょうどいいかも。
 

こうみると、このマシン、この厚さを実現するために、キーボードの下にしか基板が入っていない様子。キーボードの下にHDDやPCカードを持ってくると、やっぱLibrettoくらいの厚さになるんだな。あと、こいつを買った1週間後に、HDDの容量を増やしたマイナーチェンジ版が発売されてしまい、HDD換装のニーズはますます高まる様子。その時には、またこれを参考にするとしよう。