やっぱりリカバリー

HDDのパーテーションを切り直してWin98を入れ直したのはいいけれど、ディスプレイやサウンドなどのドライバがどこにあるのか分からない。/windows/infディレクトリを探し回ってやっとの事で全てのドライバを入れたので、その問題は解決した。しかし、東芝独自のアプリケーションやハードウェアの設定をするアプリが行方不明になってしまった。フォーマット前にすべてバックアップしたはずなのに、どこにも見あたらないのである。

このマシンのリカバリーCDは、入れたいアプリだけインストールって事ができないので、何か入れ直すときには、HDD丸ごと出荷時の状態に戻さないといけない。ってことは、せっかく作ったパーテーションも切り直されてしまうのか?と思ったが、どうやら、これはしない設定にできるみたい。あと、もうひとつの問題として、指定されたCD-ROMドライブでしかできないという懸念もあったが、わからないのでとりあえずノート用のCD-ROMドライブをつないでみることにした。

あしゆう氏の協力を得て、あやしいノート用CD-ROMドライブを借りる。あらかじめ作成しておいたリカバリCD起動ディスクに言われるようにしていくと、どうやらDOSで動くCD-ROMドライブなら何でもいいみたいだった。そのため、久しぶりにconfig.sysを編集したり、mscdex.exeとかを起動して、なんとかDOSでCDを認識することができた。あとは、ほっておけば完成しているというわけ。なんだ。簡単じゃん。分解する必要なかったな。HDDを換装するときには、またドライブ借りよう。