ノートジャンクマザーを復活させる

 1 2 3 4

  Celeron750MHz ケース編


とんとん病死でWindowsが動作したので、いっちょかっこいいケースを作ろうと、日曜大工をすることにしました。ちなみに半田付けは得意ですが、こういう工作はめっきり苦手です。それなのにアクリル板でケースを作り出すし。
アクリルは硬くて割れやすいので加工が難しいのです。でもきれいに仕上げればきれいなんだけどね。はたしてうまくできるのかどうか・・・。


というわけで作ってみました。途中工程の写真は撮ってないので、完成写真のみです。
ほとんど接着なのでばらせません。基板入れてからケース作ったので、基板外せない可能性大です。設計思想としては外せるはずなんですが。



裏側
裏側
シリアル、モニタ、パラレル、PS/2
裏蓋はネジではずせるようにしました

上から
上から
HDDは浮かせてあります
プライマリスレーブにCD-ROM付けられます

右側
右側
USBと電源スイッチ、ACアダプタ、LED

左側
左側
PCカードスロット


というわけで、いちおう見た感じうまくできました。細かいところは手を抜いていますので、近くで見ると大したことありません。


ちなみに、写真には上カバーが写っていませんが、実際にもありません。
なぜなら、アクリル板がたりなかったから・・・。いや、ホントは設計通りのサイズの板を見つけて買ってきたんだけど、一カ所カットを失敗して寸法間違えたので余分に使ってしまい、カバーが作れなくなってしまったのでした。こりゃまいつた。
キーボードを置いてフタ代わりにすること決定か!?


さかさ
でも裏返して使えば気にならないカモ・・・



 
カード
なぜかPCカードが裏挿しだったりして・・・。なんで?
 

 


 



Copyright ©2002 doro All Rights Reserved.