使ってみた感じ
 
 
 
 
Librettoを起動してGPSアンテナの動作確認をする。最初の衛星捕捉までに幾ばくか時間がかかるが、一回測位が始まると、あとは順調にデータを送ってきてくれる。

アトラスRDとGPSPlayerを使い、実際に車載し走行しながらテストする。GPSアンテナはダッシュボードの上に適当に置いておけばOK。ちゃんと画面上に自車の位置を表示する。しかし、走行中に継続して測位を続けるのは難しいのか、ちょくちょく衛星を捕捉できなくなってしまう。この点は、アンテナの設置位置で改善できそう。精度もかなりよさげ。田んぼのあぜ道みたいな道でも、ちゃんと道路の上を走っている。

雨が降っているときは、若干感度が落ちるようだ。GPSの電波は、空気中の水滴や水蒸気ではほとんど減衰しないが、アンテナ表面やフロントガラスの水膜の影響は受けるので仕方なし。
 

PCGPSは、一度衛星を捕捉すると、電源を切っても再起動時に約1秒で衛星が捕まるという機能があるはずなのだが、その機能が働いているようには感じない。電源を切って再起動すると、やっぱり5分くらいしないと、測位が始まらない。

また、GPS使用中はPCカードのホットプラグができない。無理矢理抜くと、Windowsを再起動する羽目になります。
 


 


 
 


Copyright (C)1997-2000 doro All Rights Reserved.