へっぽこ鯖構築


無線LAN導入
この元ジャンクサーバの最大にして最強の特徴は、なんつっても無線LAN。サーバなのに無線LANって・・・。セキュリティ的にどうなん?って感じだけど、そんなこと言っていられません。
なんつったって、電話線はリビングにしかないし、でもサーバをリビングに置いたらうるさいし。かと言って、せっかく無線LANあるのに線這わすわけにはいかないし。というわけで、無線が使えないとサーバの意味ナインです。

当初Vine2.6をインストールしたときには勝手にドライバ読み込まれて認識していたのに(そのままでは使えはしなかったけど)、2.5じゃ認識しやがらねぇ。メルコのWLI-PCM-L11なので、結構古いはずなのにおかしいじゃん。で、数時間かかってネットを彷徨った結果、なんとかVine2.5でもこのカードを使えるようになりました。私のやった方法をここにメモしておきましょう。

まず http://www.hpl.hp.com/personal/ Jean_Tourrilhes/Linux/Tools.html からワイヤレスLAN用の 設定ツール を落としてくる。sambaかなんかでサーバに送って適当なところにインストールしておきます。これを必ず真っ先にやっておかないとダメ。あとでやろうとしたらコンパイルできなかった。結局、数時間理由を考えたがわからず、再インストールする羽目になりました。

今の段階だとカードの認識すらしていない(cardctlでは見つかるけど)。これはドライバが古いから(と勝手に判断)。とりあえず最新のドライバに入れ替える。/etc/add.confかなにかを見ると、orinocoとかいうドライバを使っていたので、orinocoの最新ドライバを自力で探してきました。

ftp://ftp.wavelan.com/pub/software/ ORiNOCO/PC_Card/linux/R7.4winter2002/から WLLI616.TGZ を落としてきます。で、インストールしたけどダメだった。なんでだろ〜?と思いReadmeを読んでいたら、pcmciaのバージョンアップが必要なようで・・・。必要なのはPCカードサービスなので、適当な所からpcmcia-cs-3.2.0.tar.gzを落としてくる。 しかーし、入れ方がわからん。これまたネットを彷徨う羽目に。
で、考えたくはなかったのだがどうやらカーネルの再構築とやらが必要なようで・・・。めんどくせぇ。またそのやり方から調べなおしじゃ。
なんでもカーネルのソースが必要なようで、「なんだ入ってないのかよ」と思いながらカーネルのバージョンを調べてlinux-2.4.18.tar.gzを落としてくる。

とりあえずソースは/usr/src/以下に展開。
で、/usr/src/linux/以下にpsmcia_csとWLLI616.TGZを展開する。んでmakeとかしてインストール。これで
# /etc/rc.d/init.d/pcmcia restart
でLANカードの電源LEDが光るはず。ifconfig -aで見えたらOK。コントロールパネルからactiveにすれば、無線LAN開通です(ESS-IDや暗号化してなければね)。

ESS-IDやWEP暗号化を使用する場合には、もう一手間必要です。先にインストールしておいたwireless_toolsの中からiwconfigというツールを使います。

無線LANカードがeth0、ESS-ID「heppoko」、WEP「1234567890」のとき
ESS-IDの設定 : # iwconfig eth0 essid heppoko
WEPの設定 : # iwconfig eth0 key 1234-5678-90
とやります。

WEPを16進でなく文字列で指定する場合は
# iwconf eth0 key s:moji
とかやったような気がします。
うちのアクセスポイントはMACアドレスでフィルタをかけているので、当然ですが使用するLANカードをアクセスポイントで使用できる設定にしている必要があります。

んで、このままだと、再起動したときにいちいちiwconfigとか設定しなくちゃならんのでめんどくちぃ。そこで、起動時にすぐ使えるように設定しました。
/etc/rc.d/init.d/にiwconfというファイルを作りbashでスクリプトを書き実行属性にします。DOSで言うところのバッチファイルみたいなもん。大学の研究でcgiでよく使った覚えがある。で、RunLevel3なので
/etc/rc3.d/に起動順番を付けてシンボリックリンクします。
rc3.d/でln -s ../init.d/iwconfとかします。
順番は最後でいいのでS99iwconfとしました。

それと、初期状態だと、LANカードを手動でアクティブにしないといけないバグがあるらしく、pcmciaの起動順番を早くすることにより解決します。
mv S45pcmcia S09pcmciaでネットワークよりも早くLANを起動させます。あしゆう氏からの情報でした。

これで、Linuxの起動と同時に、無線LANが普通に使えるようになりました。


 


Copyright ©1997-2003 doro All Rights Reserved.